WordPressでハイフン2つを並べて表示する方法

2020-02-07

Wordpressでハイフン2つを並べて表示

このブログはWordPressを使って書いています。

プログラミングの記事の中で、コードを記述して説明をしている箇所があるのですが、どうも表示がおかしい…。

「--」と記述して記事を確認すると「ー」になっているのです。

プログラミングの世界では「-」ひとつでも大きな問題です。

その解決方法をまとめてみました。

WordPressの自動置換問題

WordPressにはハイフン(-)やクォーテーションマーク(')を親切てhねいにも書き換えてくれるという機能があります。

ハイフンを並べるとダッシュになる

-- → ー

シングルクオーテーション2つが全角のダブルクォーテーションになる

‘‘ → ”

他にもいろいろとありますが、特にこれらはプログラミングにとっては邪魔な機能です。

WordPressの自動置換をPHPで停止する

WordPressの全部で自動置換の機能を停止するためには、WordPressの「wptexturize」を停止します。

そのためには、今使っているテーマの「functions.php」を編集する必要があります。

注意!

functions.phpはWordPressの心臓部的な大事なファイルなので、編集する前にバックアップをとっておきましょう。

functions.phpを開いたら、一番下に追記してください。

/* 自動変換を停止 */
remove_filter('the_title', 'wptexturize'); // 記事のタイトル
remove_filter('the_content', 'wptexturize'); // 記事の本文
remove_filter('comment_text', 'wptexturize'); // コメント欄
remove_filter('the_excerpt', 'wptexturize'); // 抜粋

これで自動変換機能「wptexturize」が停止します。

WordPressの自動置換を段落で停止する

自動変換機能を部分的に停止したい場合には<pre>タグを使います。

<pre>タグは「記述したままを表示する」というタグなので、自動変換されることなく表示されます。

ただしこの<pre>タグはブロック要素なので、文頭と文末に記述しなければなりません。

文章全体の自動変換を停止したいのなら<pre>タグが便利です。

WordPressの自動置換を文中で停止する

自動変換機能を単語単位で停止したい場合には、該当する文字を特殊コードに置き換えます。

ハイフンの場合は「&#045;」
シングルクォーテーションの場合は「&#145;」に置き換えます。

そうすると自動変換されないので、そのままの表示になります。

まとめ:自動変換機能は臨機応変に停止しましょう。

WordPressの自動変換を停止する代表的な方法を3つお伝えしました。

自分のブログにあった方法で試してみてください。

ちなみにこのブログではひとつ目のPHPを編集する方法を使っています。