【WPプラグインエラー】BackWPupでバックアップできない時の対処法

BackWPupエラー

先日wpXからエックスサーバーへサーバー移転する時にWordPressの最新版バックアップを取ろうと思いました。

BackWPupを入れて保存先をDropboxに設定して、バックアップを今すぐ実行したのですが、ちょっと進んだだけでエラー発生!

いろいろ調べて発生したBackWPupのエラーを解決した方法をまとめておきます。

「BackWPupで回数が多すぎます」エラーが出た

BackWPupエラー

「エラー: ステップを中止: 回数が多すぎます!」と言われてしまいました。

解決しなければバックアップ終了できないので、調べてみるとどうやらDropboxとの設定がうまく行っていない様子です。

Dropboxの設定をやり直してみることにしました。

Dropboxとの設定をやり直す

BackWPup→ジョブ→編集→Dropboxに進みます。

BackWPupエラー
BackWPupエラー

Dropboxの認証を削除します。

BackWPupエラー

改めてDropBoxのアプリ認証コードを取得します。

BackWPupエラー
BackWPupエラー
BackWPupエラー

取得したAPI認証コードを貼り付けたら「変更を保存」します。

BackWPupエラー

そうすると再び認証済みになるので、バックアップを「今すぐ実行」します。

BackWPupエラー

バックアップが正常に実行されて、エラーはでませんでした。

BackWPupエラー

Dropboxとの設定をやり直してもエラーが出るとき

Dropboxとの設定をやり直してもエラーが出ることがあります。

そんなときにはDropboxの保存先フォルダ名を変更してから再度バックアップの実行をすると、ちゃんとバックアップが取れるようになります。

BackWPupエラー

まとめ:プラグインエラーはすぐに解決しましょう

今回のプラグイン「BackWPup」はバックアップを取るための大切なプラグインです。

プラグインエラーを放置してしまうということは、バックアップが取れないという大きなリスクにつながります。

「BackWPup」の場合は、エラー発生時にメールで知らせてくれる機能があるので、エラーを知らせるメールを受け取ったらすぐに確認しましょう。